よう先生の日々

よう先生の日常生活について レゴやバルーンアートで遊ぶ日々

一番使っているレゴはこれです! レゴカレンダー LEGO 850581 について

私が購入して一番良かったと思うセットが、レゴのカレンダー (LEGO 850581)です。いわゆる万年カレンダーですね。レゴ製品はとても丈夫なので、一生使える点が魅力的です。

f:id:yolego:20200618112218j:plain

LEGOカレンダー との出会い

このカレンダー(LEGO 850581)に出会ったのは、とある美容室でした。レジのすぐ隣にちょこんと置いてありました。すぐに心を奪われた私は、そこのオーナーさんに、どこで購入したのかを聞きました。すると、友人から開店祝いとして貰ったとの事。見ず知らずの、その友人さんに好感度を覚えた瞬間です。

そこで、早速ネットで検索すると、その時はすでに廃盤。でも、Amazonで売られていたので、元値よりも若干高かったのですが、すぐに購入しました。そして、この買い物は、本当にして良かったなと、いつも実感しています。

レゴファンなら、こんなにかわいらしいカレンダーを持っていたら、とても嬉しいはずですし、多くのレゴファンの方々が、すでにこのカレンダーを所有していることでしょう。このカレンダーを基盤に、他のレゴと組み合わせて、月ごとに季節の飾り付けをしている写真を、ネットのあちこちで見かけます。みなさん、とても工夫していて、素敵に飾られています。私も、その内、真似してやってみたいと思っているところです。

こちらのカレンダーのセットは、廃盤になってしまいましたが、オークションサイトなどでは、まだ手に入るかもしれません(元値より高くなっているとは思います)。

LEGO 850581の概要

発売年:2013年

希望小売価格:14.99ドル(US)

ピース数:140ピース

ポイントは、数字がプリントされた4x4の白のブロック達と、「January」〜「December」までプリントされたブロック。各月の英語のスペルを覚えるのにも、丁度良いですね。私は、毎日このカレンダーを眺めているおかげで、月のスペルだけは自信を持って書けます。小さなお子さんなどが、このカレンダーで毎月遊びながら、月のスペルを楽しく覚えられたら嬉しいですね。

レゴ万年カレンダーの種類

レゴのカレンダーセットは、2019年現在、私の知りうる限り、次の3つです。

LEGO 850581(フレンズシリーズ)とLEGO 853195(シティシリーズ)、LEGO 40172です。

最後のLEGO 40172は、違ったタイプの万年カレンダーになります。


Lego Brick Calendar 40172

 2個目のセット 

さて、このレゴカレンダー(LEGO 850581)を最初に購入してから、大分時が経ちましたが(現在2019年)、Bricklinkで30ドル以下で売られているのを発見しました。Bricklinkを利用してみたかったのと、知人や友人などの引越し祝いなんかに丁度良いと思い、とりあえずもう1セット購入しました。これは、プレゼントに最適だと思うんですよね。

けれども、日本の某雑貨屋さんで、レゴ製品ではありませんが、似た感じの、スヌーピーのブロック万年カレンダーを見つけてしまいました。ネットで検索したら、普通にあちこちで売られている模様。レゴ好き以外の友人にプレゼントするなら、こちらの商品でも喜ばれるかもしれません。私、スヌーピーも大すきなので、つい、購入しそうになっちゃいました。普通に可愛いです。

スヌーピー PEANUTS ブロック万年カレンダー

価格:3,080円
(2019/11/16 07:34時点)
感想(0件)

 

最後に

今回紹介したレゴカレンダー(LEGO 850581)は、メルカリなどのオークションサイトで、頻繁に売買されているように感じます。それだけ、人気が高いのだと思います。プリントブロックに拘らなければ、無地のパーツに、自分で数字のシールを貼ったり、なんなら、マジックペンで直に数字や月と曜日を書き込んで、オリジナルのカレンダーを作り上げるのもありだと思います。 レゴファンからは「そんなの邪道だ〜!」と言われてしまいそうですが。