よう先生の日々

よう先生の日常生活について レゴやバルーンアートで遊ぶ日々

髪の毛の為に、ブロッコリースプラウトを1年間食べ続けた結果。

抜け毛防止や白髪を減らす為、ブロッコリースプラウトを、1年間食べ続けてみた感想です。

f:id:yolego:20210122100852j:plain

はじめに

何年か前に、ブロッコリースプラウトの特集をテレビで見て気になっていた私。でも、私の住むアメリカの田舎町では、そんな小洒落た野菜は、あまりお店で見かけることがありませんでした。オーガニック系のスーパーで、一度見かけたのですが、とても高かったです。

そんな折、同じテレビ番組を見ていた友人(隣町に住む)が、彼女の家近くのスーパーでブロッコリースプラウトを見つけ、食べ始めてみる事になりました。彼女曰く、食べ始めてから、抜け毛がすっかり減ったとの事。でも、その後しばらく経つと、人気がなかったのか、彼女が購入していたスーパーで、ブロッコリースプラウトを取り扱わなくなり、食べなくなってしまいました。そしたら、その後で抜け毛が増え始めたらしいのです。

彼女はその後、ネットでブロッコリースプラウトの粉末を見つけ、毎朝スムージーに混ぜて飲んでいます。今はまた、抜け毛が減ったそうです。私よりすこし年下の方ですが、フサフサの髪の毛です。でも、粉末状のブロッコリースプラウトは、結構値が張るとか(ちなみに彼女はお金持ちです)。

さてさて、そんな話を聞くと、ますます気になるブロッコリースプラウト。一昨年46歳を迎えた途端、抜け毛も白髪も一気に増え、なんとかしたいと思っていました。そんな矢先に、日本に帰省した際、ブロッコリースプラウトの種を見つけたので、何袋か購入してきました。そして、昨年(2020年)の年明けとともに、食べ始めました。

育て方

育て方は、ネットで検索すると色々出てきました。

私は、比較的簡単なそうな、キッチンペーパーの上で育てるというやり方を、こちらの記事を参考に、実践していました。

スプラウトの育て方のコツ!失敗事例と成功の秘訣 | LOVEGREEN(ラブグリーン)

育てやすいとは思いますが、結構面倒臭いです。でも、続けている内に水やりも日課となり、今では特に苦にもなっていません。

とりあえず飽きっぽい私が、一年間続ける事ができたので、今年は、別の育て方にチャレンジしたいと思っています(すでに数日前から新しいやり方に挑戦中)。

追記:新しく瓶で育てはじめましたが、こちらの方が簡単で、育てやすいです。

瓶の方が楽だった。ブロッコリースプラウトや、もやしの育て方。 - よう先生の日々

種は、はじめの数ヶ月は、日本から購入した物を使っていましたが(と言っても、イタリア産のもの)、それらが無くなってからは、ネットでアメリカの種を購入しています。近所のお店を色々探したのですが、ブロッコリーの種はあちこちのホームセンターで見かけるのにの、ブロッコリースプラウトの種は見つけられませんでした(ブロッコリーとブロッコリースプラウトの種は違うので、お間違えないように)。ちなみに私が購入しているのは、こちらのサイトからです。

HandyPantry.com New Home | Organic Sprouting Seeds, Kits & Supplies

日本だと、アマゾンで見つけたこちらの種がコスパが良さそうですね。


ブロッコリースプラウト種子(300ml) 高濃度スルフォラファン含有品種(種子のみセット)

丸一年食べ続けてみて

一つの事を継続するのが苦手な私が、毎日育て、食べ続けられるのかが心配でしたが、なんとか一年続きました(現在も進行中)。味は、辛味の少ないかいわれ大根のような感じです。ヨーグルトに入れたり、スムージーに混ぜたり、サラダに入れたりして、毎日少しずつ食しています。抜け毛は、一頃より落ち着いたような気がします。白髪は、まだあるのですが、一気に増えた頃よりは、目立たなくなってきたような気がします。抜け毛にしても、白髪にしても、気持ちの持ちよう次第かもしれませんね。とりあえず写真に撮って、定期的に記録に残そうかしら・・。

最近の写真です。ちらほら白髪が見えますが、この程度なら抜けば大丈夫だと思っています(※白髪を抜くのは厳禁らしいので、良い子は抜かないようにね)。ちなみに、生まれてからこのかた、一度も髪を染めた経験がありません(皮膚が弱いので、ケミカル恐怖症です)。47歳にしては、マシな方だと思っていますが、こめかみの上あたりに、隠れている白髪が結構います。

f:id:yolego:20210122101604j:plain

最後に

ブロッコリースプラウト、白髪予防&抜け毛予防の為に食べ始めましたが、効いているのかいないのか、イマイチ分からないという結果でございます。でも、ここで食べるのをやめて、一気に白髪や抜け毛が増えたりする可能性もあります。一年前に比べると、白髪はだいぶ落ち着いたと思うので、「信じるものは救われる」精神で食べ続けたいと思います。スプラウトは、発芽したての頃の方が、栄養素も高いらしいので、今年は別の栽培方法で、なるべく若いスプラウト(スーパースプラウトと呼ばれているらしい?)を食べたいと思います。白髪、抜け毛に関しては、これからますます気になる年齢ですし、同世代の友人も心配している人が多いので、ネットで対策方法を調べて、またまとめたいと思います。