よう先生の日々

よう先生の日常生活について レゴやバルーンアートで遊ぶ日々

シティの消防水上バイク。レゴ:LEGO 30368レビュー。

レゴシティのミニセット(ポリバッグ)、LEGO 30368のレビューです。

f:id:yolego:20210122050550j:plain

はじめに

今回は、ウォルマート(Walmart)について少し書きたいと思います。おそらく世界最大のスーパーマケットチェーンであろう、安くて(アメリカでは)有名なスーパー「Walmart」。私の夫はこのスーパーが好きではないので、今まであまり足を運ぶことはありませんでした。でも、私がレゴにハマり、Walmartにポリバッグが色々売られている事に気づいてからは、ちょこちょこ立ち寄るようになりました。ネットでレゴポリバッグを検索すると、いつも近所のウォルマートに、何種類かのポリバッグの在庫が確認されるので、お店に足を運ぶのですが、お目当のポリバッグがなかなか見つけられない。おそらく、倉庫のどこかに眠っているのだと思われます。何度かお店の人に確認してみたけれども、とにかく対応が悪く、レゴ売り場に無いものは無いとの一点張り。でも、無いと言われた数日後に行ってみると、ちゃっかり売り場に置いてあったりした事があります。不親切なのだか、お店のシステムの問題なのかは知りませんが、在庫管理がしっかりなされていない模様。Targetのお店なら、ちゃんと確認をして、倉庫に在庫を取りに行ってくれます。私の旦那がTargetを好む理由は、ここかな。

なので、ウォルマートでお目当のポリバッグを手に入れたい時は、お店の人が気まぐれで(?)店頭に出してくれるまで足繁く通うしかありません。でも、だからこそ、買いそびれていてポリバッグがたまたま売られているのを見つけると、嬉しくもなります。家の近所のウォルマートがそんな感じなだけで、他の店舗では、カスタマーサービスがちゃんとしているのかもしれませんが・・。

それから、私の印象では、Targetや他のお店では、ちゃんとポリバッグを綺麗に吊るしてあるので、良い状態で売られていますが、Walmartでは一箇所にごちゃっと置きがちなので、シワシワになっている事が多いです(これも、私が住む町のWalmartだけなのかもしれませんが)。売れ残って時間が経てば経つほど、ボロボロのポリバッグが肩身の狭そうな様子で売られている姿をみると、かわいそうになってしまいます。

と、どうでも良い話をグタグタと書いてしまいましたが、今回は、そんなWalmartで発見した、2020年発売のレゴシティのミニセットLEGO 30368の紹介です。


レゴ シティ 30368 ファイアーレスキュー ウォータースクーター

購入場所、購入金額、発売年、ピース数、対象年齢

セット型番/名前: 30368/Fire Resue Water Scooter(消防水上バイク)

購入場所:Walmart

購入金額:4.97ドル(+税金)

発売年:2020年

ピース数:33ピース

対象年齢:5歳以上

写真

袋の中の全パーツ。大きめのパーツが入っているとはいえ、33ピースはちょっと寂しいですね。

f:id:yolego:20210122052853j:plain

ミニフィグが1体入ってます。レスキュー隊のお兄さん。

f:id:yolego:20210122052932j:plain

ちゃんとトルソの後ろ側もプリントされてます。

f:id:yolego:20210122052940j:plain

ヘルメットとライフジャケット付きです。

f:id:yolego:20210122052948j:plain

全体図。水上バイクに乗って、火を消しに出発です。

f:id:yolego:20210122053006j:plain

立つとこんな感じで、後ろにもう一体乗るスペースがありますよ。

f:id:yolego:20210122053015j:plain

この先端についているホース(?)で水を飛ばします。

f:id:yolego:20210122053022j:plain

水のパーツが飛ぶ様子を簡単に。画像をクリックすると飛ぶ様子がみれます。

組み立て説明書はこちらです。

f:id:yolego:20210122060852j:plain

f:id:yolego:20210122060859j:plain

オフィシャルサイトからダウンロードもできますよ。

組み立て説明書 - コンシューマーサービス - LEGO.com JP

最後に

今回は、シティのポリバッグセット、LEGO 30368”Fire Rescue Water Scooter"を紹介しました。小さいながらも、水を飛ばして遊べるので、楽しいセットだと思います。対象年齢も5歳以上で、小さなお子さんでも簡単に組立てる事ができます。バイクの前の部分は、プリントパーツだし、ライフジャケットやヘルメットもついているので、ミニセットにしては、なかなか良いと思います。他のシティセットに加えて遊べば、より楽しいことでしょう。