よう先生の日々

よう先生の日常生活について レゴやバルーンアートで遊ぶ日々

レゴ:LEGO 30366|手錠を持った、ポニーテールの警察官。

レゴシティシリーズのポリバッグLEGO 30366のレビューです。

f:id:yolego:20200329082940j:plain

はじめに

今回購入したのは、小さいポリスカーのミニセットです。サングラスをかけた女の警察官付きです。昭和の頃は、婦警さんなんて言いましたが、ひょっとして「婦警」はすでに差別用語/死語でしょうか??アメリカでは(英語では)「Policeman」「Policewoman」という言葉が、昔は使われていたようですが、現在警察官は「Police officer」で統一されていますね。

さて、今回紹介するこのセットは、特にレアなパーツも無い、単純な作りの小さなポリスカーです。でも、これだけ単純な作りの方が、小さい子がガンガン走らせて遊ぶにはちょうど良いかもしれません。パーツもそう簡単に外れないでしょうからね。レゴデビューにはちょうど良いセットかな?と思うけど、37ピースはちょっと物足りないかも…。男の子は女の警察官のミニフィグじゃ、あまり喜ばないだろうし、かと言って、女の子も、ポリスカーは好きかなぁ?

購入場所、購入金額、発売年、ピース数、対象年齢

セット型番/名前: 30366/Police Car

購入場所:Walmart

購入価格:4.97ドル

発売年:2020年

ピース数:37ピース

対象年齢:5歳以上

写真

全パーツはこんな感じです。

f:id:yolego:20200329083022j:plain

ミニフィグは、ポニーテールのキャップを被っている、女の警察官です。f:id:yolego:20200329083043j:plain f:id:yolego:20200329083102j:plain
完成。手錠パーツは2個入っていましたよ。

f:id:yolego:20200329083127j:plain

f:id:yolego:20200329083146j:plain
因みに、私が一番最初に自分用に購入したポリバッグの車と同じ位の大きさです。フレンズシリーズの車はハンドルが付いていないのですが、このポリスカーには、ちゃんとハンドルが付いていました。

f:id:yolego:20200329091203j:plain

組み立て説明書

組み立て説明書の写真です。

f:id:yolego:20200329083213j:plain

f:id:yolego:20200329083231j:plain

レゴオフィシャルサイトのデジタル組み立て書はこちらをどうぞ

(ほとんどのレゴセットの組み立て説明書が、レゴオフィシャルサイトで見つけられますよ)

www.lego.com

最後に

レゴシティシリーズ”Police Car"の紹介をしました。ポリバッグで、値段も手頃なので、悪くは無いセットですが、もう5ドル足して、もう少し大きなシティセットを購入した方が、満足感はあるかな?でも、小さな男の子は車を走らせるのが好きなので、ちょっとしたお出かけの時に、バッグに忍ばせるのには、サイズ的にちょうど良いと思います。今年発売のシティシリーズのポリバッグセットには、バギーもあります(LEGO  30369)。個人的には見た目はこちらの方が好きです。・・・って、まだ開封してないのですが。近々こちらも組み立ててレビューしたいと思います。

f:id:yolego:20200329091501j:plain

おまけ

この車、ちょっと物足りなさを感じてしまうので、一つアイデアです。

f:id:yolego:20200329084303j:plain

画用紙を適当な大きさに切って、車の後ろにテープで貼りつけ、画用紙の部分に息を吹きかけて、走らせます。なかなか良い感じに走りますし、手で走らせるのとは違った楽しさがありますよ。うちわや扇風機の風で走らせてみるのもありですね。同じ位の大きさの車を2台並べ、一息でどちらが遠く走らせられるか、兄弟やお友達と競争したら楽しいと思います。

棒のパーツで帆をを作っても良いですね。

f:id:yolego:20200329084446j:plain f:id:yolego:20200329084512j:plain