よう先生の日々

よう先生の日常生活について レゴやバルーンアートで遊ぶ日々

抜け毛に悩む友人へ。薄毛予防、食べ物や頭皮マッサージについて。

今回は、忙しい友達のために、薄毛や禿げ予防について私なりに調べた事をまとめました。

f:id:yolego:20210308233401j:plain

はじめに

30代頃の友人との健康や美容に関する話題は、スキンケアに関してが多かったのですが、40代に入ったあたりから、薄毛や抜け毛の話題がグンと増えてきました。男性だと30代、もしかしたら20代からすでに、薄毛が気になり始める人もいると思われます。

私は小さい頃は、毛量が多く、くせ毛だったので、まとまりが悪くて嫌だったのですが、今では、髪の量を多く産んでくれた両親に感謝しています(私の母は、私を妊娠中、海藻をたくさん食べたそうです。兄弟の中で、私が一番髪の量が多いです)。そんな毛量の多かった私でも、ここ数年(現在47歳)、以前より髪の量が少なくなってきたと感じています。まだ私が若い頃、知り合いの美容師さんが「歳をとると、髪が細くなるから、量が少なく感じるようになるんだよね」と言っていました。加えて、季節やストレスの関係なのか、やたら抜け毛が増える時期もあります。私の旦那は、結婚当初からやや薄毛でしたが、年々、おでこラインと頭頂部が淋しい事になっています(当人はまるで気にしていないのですが)。

中には、本気で薄毛に悩んでいる友人もいるので、大切な友達の為に(そして旦那と将来の自分の為に)、抜け毛や薄毛の対策について調べたので、ここにまとめたいと思います。大切な友達と一緒に薄毛予防に取り組んでいきたいと思います。

薄毛、抜け毛の原因

今回調べたら、薄毛や抜け毛の原因は色々ありました。男性と女性でも違いがあったりしますね。ただ、私世代(40代)の女性だと、やはり加齢やホルモンバランスの乱れが大きな原因のように感じました。それと、牽引性脱毛症というのもあるらしく、これは私も思い当たるのですが、髪の毛を結んだり、常に同じ箇所で分けていると、頭皮に負担がかかり続け、そこから髪が薄くなるという脱毛症です。

私は専門家ではないので、詳細を知りたい方へは、私が読んで、分かりやすいと感じた記事をいくつか貼っておきますね。

女性が薄毛になる理由 | 薄毛・抜け毛に悩む女性のための女性専門頭髪外来 ドクターズヘアレディース

抜け毛が多いのはどのくらい?チェック方法と原因・対策を解説 | 育毛専門サロンのバイオテック公式通販

薄毛、抜け毛に良い(とされている)食べ物

f:id:yolego:20210308233505j:plain

外側から攻めるより、内側から攻めるタイプの私。先ず友人にやって欲しいのは、食事の改善です。スキンケアもそうですが、内側からしっかりケアすることが重要だと思います。

髪の毛を守るために必要な栄養素は、

たんぱく質、ミネラル(亜鉛)、ビタミン

コラーゲン、イソフラボン、メチオニン、シスチン

この辺りだそうです。

実際、多くの記事であげられていた、薄毛対策の食べ物はこちらです。

納豆、レバー、牡蠣、卵、ナッツ

我が旦那は、上記でナッツ以外は、全て苦手な食べ物です。だから薄毛なのでしょうか?

特に亜鉛が大事らしく、亜鉛を多く含む食材の代表が、牡蠣。でも、牡蠣は手に入りにくいし、旦那が嫌いな食べ物です。他にも、赤身肉、卵黄、切り干し大根、チーズ、抹茶など、亜鉛を含む食材は色々あるので、その辺を意識して取り入れたいと思いました。

その他、多くの人が推奨する薄毛対策の食材はこちらです。

うなぎ、卵、ほうれん草、鶏肉、大豆、サーモン(鮭)、乳製品、にんじん、豚肉、バナナ、赤ピーマン、まぐろ、パセリ、じゃがいも

これらの中から、自分が好きなものを中心に選んで、少し多めに食べてみるのがおすすめです。意識して手に入りやすいものから摂取してみるのが、続けやすいと思割れます。因みに私は、今年から大豆の食べる量を増やしました。元々アーモンドはおやつ代わりに良く食しているし、卵も好きなのでほぼ毎日食べています。薄毛の旦那にも、アーモンドと大豆を多く食べるように言いました。卵は取りやすいし、多くの方が推奨しているので、旦那にも食べてもらいたいので、好き嫌いなど言わせずに、卵料理も増やしていこうかな。

頭皮マッサージ

食事の見直しの次に、友達と一緒にやっていきたいと思ったのが、頭皮マッサージです。これは、私もまだ始めたばかりなので、効果があるとは断言できません。でも色々調べてみて、マッサージはとにかく多くの人が勧めていて、これは効きそうだと思ったんですよね。某テレビ番組で専門家の先生が「マッサージ程度じゃ薄毛はどうにもならない」と言っていましたが、とりあえず続けてみます。

頭皮マッサージのやり方の動画も、たくさん上がっていました。かなり多くの動画を見たのですが、話し方が苦手だったり、やる時間が長すぎたり、良さそうなものでも、続けるのにはハードルが高いものが多かった中、個人的に気に入った2つをここに載せておきたいと思います。私が気に入った理由は、時間が短いのと、解説者さんの髪の毛が多い=モチベーションが上がる、からです。基本的に、どの動画のマッサージのやり方も似たり寄ったりなので、ある程度基本的なやり方が分かったら、自分が気持ち良いと思うマッサージを、隙間時間にちょこちょこやるのが良いかな、と思います。髪の毛同士をこすらないように注意し、皮膚を動かしながら頭皮を柔らかくしていくのが大切ですね。

薄毛に良い(だろう)シャンプーや育毛剤などについて

他に薄毛対策で思いつくのは、シャンプーや育毛剤です。シャンプーだと、スカルプDは多く紹介されていました。女性用もあるみたいですし、いろんな記事を読んでみた限り、効果はありそうです。効かないという意見は見かけませんでした。他にも、増毛に効くシャンプーに関しては、調べれば、調べるほど、良さそうなシャンプーがたくさん出てきました。優柔不断の私なら、試すとしたら、手っ取り早いスカルプDにいくと思います。しかし、どれもこれも値段が高い!本当に効くのかどうか分からないものに、高額をかけるのはリスクを感じる私。

シャンプー同様、育毛剤に関しても、いろんな記事がありました。こちらも種類が多いですね。世の中の皆様、髪の毛には敏感になっている模様。育毛剤や養毛剤に関しては、調べてみて、ミノキシジルという成分だけが、現在効果が認められているお薬だとか。これは、薄毛を気にしている方なら、誰もが知っている事だと思われますが、とにかく、育毛剤を選ぶのならば、ミノキシジルが入っているものにするべき・・だそうです。とは言っても、所詮お薬なので、その人の体質によって、副作用などが出る場合あるようですよ。もしも購入するのであれば、慎重に選んで欲しいと思いました。(私は、ビビリなので、薬と副作用の言葉にとても敏感です)。ちなみに、私の知人(女性)で、若い頃薄毛が気になり、育毛剤を使っていた方がいます。効果はあったと言っていましたので、本当に薄毛が気になる方は、一時的に試すのは有りだと思います。

先にも言いましたが、抜け毛予防のシャンプーにしろ育毛剤にしろ、高額のものが多いと感じました。使用して、一時的に髪の量が増えたとしても、それを一生続けるのは、経済的に大変かもしれませんよね。お金持ちの方は、増毛効果のあるシャンプーなり、育毛剤なり、サプリなりを買うのも良いと思いますが、私が友人に先ずやって欲しいと思ったのは、規則正しい生活とストレスを減らす、そして頭皮マッサージです。 

規則正しい生活

日頃の生活習慣は、ホルモンバランスの乱れにも繋がると思います。そして、それは薄毛や抜け毛に関係してきます。当たり前の事を書いているのは百も承知ですが、自分への戒めも込めて言わせてもらいます。抜け毛予防にとても重要な要素、それは、規則正しい生活を送るです。でも、残業の多い職種や、子育てで忙しい方は、難しいかもしれませんね。私の友人も、話を聞くと、とても忙しそうです(だから、私が代わりに調べてこうしてまとめているのですが)でもね、友よ、意識を変えるだけで、色々改善できることがあると思いますよ。私もハチャメチャな1日を送る事が多いので、これから生活習慣を改めたいと思っています。

簡単に意識できそうな事を4つあげておきます。

・夜更かしをせずに、睡眠時間はしっかり確保する。先ずは、一定の時間になったら、ケータイを鞄などに閉まってしまうのは、どうでしょうか。

・できる範囲で、軽い運動を続けるのも忘れずに。散歩、ストレッチ、その場縄跳び、などなら気軽にできると思います。

・3食、なるべく決まった時間に、栄養バランスを考えた食事をとる。インスタント物は控えめに。よく言われている「ま、ご、わ、や、さ、し、い(まめ、ゴマ、わかめ、野菜、魚、しいたけ(きのこ)、いも」を摂取する。

・入れる範囲で入浴する。

小さい頃からお風呂に入っていた我々世代は、シャワーだけでなく、湯船に浸かるとリラックスできると思います。毎日は無理でも、週の半分くらいはゆっくり湯船に浸かりながらついでに頭皮をマサージしてみてはいかがでしょうか。

ストレス解消

そして、何よりもストレスは、最大の敵です。人間にとって、適度のストレスは必要だとは言われていますが、なるべくリラックスした時間を持つように心がけて欲しいです。人間関係が存在する限り、完全なストレスフリーの生活を送るのは無理だと思うので、自分に合ったストレス解消法を、いくつか見つけておくと良いのではないでしょうか。代表的なストレス解消法をあげておきますね。先にあげた入浴も、ストレス解消に良いと思います。

散歩、気分転換、笑う、趣味に没頭する(レゴなんてどうでしょう?)、瞑想、仲の良い友人と話す、深呼吸、睡眠、甘いものを食べる、読書、柔らかいものをハグする、泣く

私はついつい考え出すと止まらなくなり、ストレスが溜まっていきやすい性格なので、意識してなるべく多く笑うようにしています。もともとゲラなので、漫才やコントを見ると大笑いできます。好きな芸人さんは、中川家さん、サンドウィッチマンさん、ナイツさん、爆笑問題さんです。王道すぎ?他にも、好きな芸人さんがたくさんいますが、とにかく、定期的にネタを見て、大爆笑しているおかげで、ストレスは溜まりにくい体質になってきています。

最後に

f:id:yolego:20210308233605j:plain

大切な友達へ向けて、薄毛対策についてまとめましたが、いかがでしょうか。友達よ、お互い抜け毛が気になる年頃ですが、頑張って、若い子達に負けない、丈夫で艶やかな髪の毛をキープしようではありませんか!

私の近しい友人たちは、気まま生活を送っている私と違って、お仕事や子育てで忙しいと思うので、とりあえず、

黒ごまと納豆を食べて、頭皮マッサージをして、良く寝る!

まずは、ここから始めてみませんか。継続は力なりです。色々手をつけて、面倒臭くなって、続かなくては意味がないと思います。この程度だったら、続けられそうだと思います。今回、いろいろなサイトや動画を見て、とにかく一番私の気を引いたのが、頭皮マッサージでした。私もこれから、頭皮マッサージを続けていきます(すでに開始しています)。結果が見えるまで、少なくとも半年〜1年はかかりそうなので、気長に続けて、1年後くらいに、変化があったかどうかを報告できたらいいな、と思います。

おまけ〜抗癌剤と抜け毛について〜

現在70代後半の私の父は、髪の毛が多く、白髪が少ないです。そんな父は、一昨年癌が発見され、しばらくの間、抗ガン剤を投与していました。はい。その時髪の毛が抜けました。それでも、残っている髪の毛も結構あり、見た目は、『ちょっと頭が薄い人』程度だったのです。昨今、抗がん剤もいろいろ改良されていたりするので、抜けにくくなっているお薬もあるようですが、私の父の場合は、元々の髪の量が多かったので、そこまで禿げずに済んだのではないかと思います。結局、癌の転移なども見つかり、治らないと診断されたので、辛い抗ガン剤投与はやめました。やめてから数ヶ月で、薄くなった髪の毛は、また元通りになり、しかも以前よりも黒々しい感じがします。「そんなにフサフサの白髪の少ない髪の毛、一体何してるの?」と聞いたら、「何にもしてなーい」と言っていたので、色々な事を気にせず、自然体でいるのが一番良いのかもしれませんね。でも、薄毛が気になり出したら、気にしないなんて、難しいですよね。

私も将来、癌や他の病気などで、副作用のある薬を投与せざるを得ない、なんて状況に陥るかもしれません。そのような状況に見舞われる事になっても大丈夫なように、今の内にしっかり、髪の健康を保ちたいと思いました。