よう先生の日々

よう先生の日常生活について レゴやバルーンアートで遊ぶ日々

レゴ:LEGOのセットを パーツ(バラ)で買い揃えたら、いくらかかるか?

LEGOセット(CiTY 60171) VS 同じ型のパーツ(88ピース)のバラ買いした時の価格の違いを調査してみました。

 

f:id:yolego:20190811091702j:plain  VS  f:id:yolego:20190811091533j:plain

はじめに 〜なぜ、そんな事を調べたか〜

アメリカでは、LEGO Shopから、正規で新品のレゴパーツを注文できます。(※アメリカ以外でも注文できる国はあります)

LEGO Shop 以外でも、レゴパーツの中古も新品も、取り扱っているお店は色々ありますね。

・・という事は、もしも欲しいセットが売り切れ/廃盤だった場合、そのセットに入っている同じピースをバラで買い揃える事も可能なのでは?

ちなみに、ほとんどの組み立て書は、LEGO公式ウェブサイト内に載っています。

なんとなく、セットと同じパーツをバラで購入した場合のトータルの価格は、セットと比べてどれくらい違うものなのか、気になり始めました。でも調べるのは、時間かかりそうだしなー、面倒くさそうだなー、でもやっぱり、気になる!

とりあえず、小さいセットを使って、調べてみる事に。

使用した(調査してみた)セットについて

セット型番:LEGO 60171(LEGO CiTY Mountain Fugitives)

発売年:2018年

ピース数:88

発売価格:9.99ドル(US)

f:id:yolego:20190811092034j:plain

余談:この価格でミニフィグ4体もついてます

実際にやった方法

おそらく、もっと効率の良い調べ方があるのかもしれませんが、何せ私、要領の悪い人間なもので、単純に1ピースずつの価格を調べて、全ての価格を合計しました。パーツの価格の調べ方は

  1. LEGO Shopのサイトに行く
  2. トップページの一番下の所の「Replacement Parts」をクリック

    f:id:yolego:20190811084726j:plain

  3. するとBRICKS&PIECESというページが出てきて、3つの項目があるので、その項目の一番下の「BUY BRICKS」をクリック
  4. すると年齢を聞かれる(「How old are you?」)ので、自分の年齢を打ち込み、その下の住んでいる場所(「Where do you live?」)で自分が住んでいる国を選ぶ。ここには残念ながら、Japanは無いので、日本在住の方は、ドルが一番分かりやすい価格だと思うので、United Statesが無難ですね。その後で「Submit」をクリック
  5. 次の画面のSet numberの欄に、調べたいピースが入っているSet number(型番)を入れる OR もしもピースの型番号を知っていれば、Element /design numberの欄に、ピースの型番号を入力して検索アイコンをクリック
  6. すると、セットの場合、そのセットに含まれている全部のピースのデザイン番号と、それぞれの1ピースの価格が一覧になって現れます。
  7. 因みにですが、欲しいピースがあったら、Add to bagをクリックすれば、注文できます

私の場合、すでに品切れ(Out of stock)になっていたピースが2種類あったので、それらについては、同じ形で、色違いのピースの価格を参考にしました。品切れの場合、価格が表示されないんですよね。

調査結果

セット価格 9.99ドル(US)  VS  バラ88ピース合計 20.55ドル(US)

という結果になりました。

もしも、LEGOオフィシャルサイトで、LEGO 601717のセットに入っているピースをバラで買い揃えたら(注文したら)、約2倍の価格となる事が判明しました。それに加えて、送料が別途かかります。

最後に

という事で、こちらのセットに関しては、セット販売価格9.99ドル、もしもバラで同じパーツをオーダーしたら、約20.55(+送料)ドルになるという事が判明しました。

もしも、廃盤のセットがどうしても欲しい、でも、めちゃくちゃ高くなってる!なんて時は、バラで買ったらどうなるだろう?と一旦考えてみて下さい。

レアなパーツは、LEGO Shopでは大抵品切れ(Our of stock)です。でも、LEGOオフィシャル以外のパーツ専門店(中古になってしまうかもですが)で手に入るでしょうし、誰かへのプレゼントや投資目的の購入でない限り、あまり高い値段を出して、昔のセットを購入する必要はないかもしれませんよ。

もちろん、大きなセットの場合は、そう簡単にパーツを調べたり、オーダーしたりするのは大変な作業ですが…。